×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金がない どうしよう 一時借入

お金がないならどうしよう?

お金がないならどうしよう?

 

突然言われると、ちょっと躊躇しませんか?

 

そもそも、お金がなくなる理由。
もっぱら使ってしまったって事にはなるのですが、
目先を考えて、取り組まないといけないという現実感はないのだろうか?

 

ちょっとその辺は疑問に思ったりね。

 

お金にだらしない人。
性格上の問題?

 

あればあるほどお金を使ってしまう人。
男性って多くないですか?

 

給料もらった日に全部使う人だっているようだしね。

 

お金がないならどうしようではなく、
お金がなくならないようにどうにかしようとするのが、
重要なのではないかと思いますよ。

 

お金の存在。
結構気軽に考えている人もいるかもしれませんが、
生活していくうえでは、なくてはならない存在なのですよ。

 

結局は何かをするには少なからずお金は必要となってきます。

 

ここいらでやりくり上手を発揮してみて。
自分の為にもね。

 

お金の管理。
そこまできっちりってなれば、逆にストレスになってくるので、
ほどほど占めていきましょう。

まとまった収入の無い時期に何をしてゆくべきか

しばらく職から離れていると、数年は十分に暮らしていける貯金額を持ち合わせていても、次第に精神的な不安は大きくなってくるものだ。始めの1年程度は自由な時間を有効活用しようと、趣味等様々な活動にチャレンジし、それでいてそれらの物事に不安無く没頭出来るものだが、それも最初の1年程度まで。それ以降は次第に押し寄せてくる今後への不安と、それを振り払おうとする逃避への行動がせめぎ合い、何をしても面白味が感じられなくなってしまう。

 

それに追い打ちを掛ける様に、様々な公共料金や保険料の値上げが加わってくる。特に支払いがきついのが国民年金の保険料である事は言うまでもない。少し支払いが遅滞しただけで矢の様な督促の嵐。そして突然来るかも知れない差し押さえの恐怖との戦いだ。

 

なかなか次の仕事を見つけれられない中、ネット上でのクラウドライティングにて若干ながら収入は得られてはいるものの、コツと個人交渉能力が上がらなければ一定以上の収入アップは望めず、コミュニケーション力の元々無い自分にとって、これらサイトでの高収入は非常にハードルが高い。

 

こうした収入や貯金への不安は年が増すごとにどんどん大きくなってくる。そんな中で少しでも精神の安定を図ろうと、空いた時間を見つけて趣味のフィッシングに集中し、生きる意味を何とか見出している状態だ。

 

今後は少しでも生活や趣味に関する無駄を省いてゆこうと考えている。出来るだけ切り詰められるところは切り詰め、無駄を無くしスリムな環境を周囲に作ってゆく事。余剰なアイテムが出ればその都度中古ショップで現金に換え、生活費の足しにしてゆく事。こうして得られたお金は無駄にせず、学習や趣味の中から少しでもお金に繋がりそうな項目をピックアップして投資し、それらに特化して稼ぎに繋げらる様努力してゆく事。

 

これらの努力で今後のお金に対する不安を取り除けるかはまだ分からないが、ちょっとリラックスして今置かれた状況を俯瞰し、有効な対策を練っていこうと思う。